Ciaoのエンジンチューン

エンジンを譲っていただきました。


元々付いてたあれです。
でまぁ、前々からやってみたかった改造を実行に移します。



とりあえずばらしていきます。
めちゃめちゃシンプルな構成。





ヘッドとデコンプ。
デコンプはカーボンで固まっていました。
CRCで清掃して動くようにしていきます。



いきなり冷却フィンが欠けましたorz
もともとヒビが入っていたようで、オイルが染みてました。


気を取り直してクランクケースを割っていきます。


コイル側の強制空冷のフィンを外します。


割れました。


ベアリングがクランクに固着しています。
これはまた今度何とかしましょう。


この部分を切断加工していきます。
キャブレターの接続部分ですな。


サンダーで切断して




拡大していきます。






四角く整形していきます。


さてこれは何でしょう???

じゃ〜〜ん
なんとリードブロックです。
ロータリーバルブからケースリードバルブへ変更です。
この肌色の物体は、スカルピーっていうプラスチック粘土です。
オーブンで焼いて整形します。

吸気口あたり

上部はこんな感じ。
ここにランナー系のリードブロックをカーボンリードバルブにしたものを取り付けます。

この上にインシュレーターを取り付けます。

PE24をゲット。
これが付く予定です。

ボアアップ用のパーツを探しています。
見つかり次第、組み立て、取り付けをしたい所。

ノーマルキャブもいろいろ弄りましたが、メインジェットのみの調整では限界があります。
国産のキャブを取り付けるのに、この方法を思いつきました。
早くエンジンをかけてみたいなぁ・・・・。



続く。

ホーム

inserted by FC2 system